アンネのばら   秋バラ

樹木葬・正福寺のホーム墓苑ページへようこそ


1月の俳句
 樹も魂も威儀を正して初明り
 樹々列の紅の暁光淑気満つ
 観音の笑み頬ほのと初茜


  新年のご挨拶を心から申し上げます 2018年元旦

東堂の ごあいさつ

  新年のご挨拶を申し上げます
    本年もよろしくお願いいたします
      皆様の健康で幸多きことをお祈りいたします

 今年は、曇り空で寒いのですが雪のない年明けとなりました。今までは毎年、暮れから正月にかけて雪が積もりました。大変な大雪になったこともあります。
 樹木葬墓苑を開苑して今年は12年目になります。当初に植樹した樹は大きく成長して、小さな樹林公園のようになり、墓苑を取り巻く大樹とともに私たちを癒してくれます。お墓参りの方たちも一様に、「癒され本当に安心します」とお話されています。
 墓苑では、落葉樹は葉を落とし静かに冬の佇まいです。花は、山茶花、椿が彩を添えています。アンネの薔薇は、綺麗に散髪されて、春の花芽を育てるための休暇に入っています。
 大山は、今日は雲に隠れていますが、麓まで白くなって、晴れた日には神々しく聳えています。

 そして私は昨年、「終活」講演を各方面から依頼され忙しく飛び回っていました。ご希望であれば、講演のレジメ「終活とエンディングノートの書き方」を郵送又はメールに添付しますので連絡ください。
 俳句では、全国紙(日曜版)の俳句選者、俳句誌(結社誌)の添削コーナーを担当し、弱った頭を捻っています。
 
  私は今、元朝のお勤めを終え、墓苑を一回りして、方丈の間で、短いご挨拶を打ち込んでいます。そして、墓苑の樹々たちとともに、皆様方の新しい年の健康と平和・安らぎを心からお祈りしています。
                                                   合掌

                    2018年 元旦  東堂 渡辺 大修 拝


    2017.11.28.伯耆町高齢者学級研修会での講演


見学・参拝のみなさまへ

来苑、見学はいつでもご自由です。ただし、東堂、住職、事務局員とも、留守の場合もありますので、ご来苑の折には、事前にご連絡をいただくと、墓苑をご案内できます。

樹木葬・正福寺友の会                              
樹木葬・正福寺では年に2回「緑の灯」という機関紙を友の会会員様にお届けしております。 内容は正福寺での行事や樹木葬に関する内容、会員様からのご質問等から、正福寺の日常などです。ご入会は常時受け付けております。電話やメール等でお問い合わせください。                          年間会費は1000円です。                                       

お知らせ

2017年8月 東堂が新著を上梓いたしました
2016年5月 大山眺望墓苑を新設しました

2015年10月 戦争法の廃止を求めます

2015年3月.BSSラジオ「終活とエンディングノート」
2014年8月娑羅(シャラ)墓苑を新設しました。
2014年2月樹木医師の資格取得しました。
2013年6月東堂の第一句集「あらくさ」発刊しました。
2013年5月緑傘堂を建立(樹木葬の位牌堂)しました。

 ページトップへ

ホームページ・タイトル

shincyo.htmlへのリンク